スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がー用わらじをいただいた


waraji2.jpgぺけ市でご一緒している道草庵さんが殿のためにわらじを編んでくださいました。
うひょひょーー。
とてもカッコイイ!ありがとが~。

道草庵さんが殿にわらじをはかせてくださっている図

スポンサーサイト

みちくさ庵さんに作ってもらった背負いかご


kago03.jpg最近殿お気に入りの品がこの背負いかご。
ペケ市でご一緒させていただいた「みちくさ庵」さんにお願いして作っていただいたのだ。
みちくさ庵さんのブログでも「アヒルの注文」という記事にしてもらったが~。
←ペケ市での納品時、稲穂のお弁当を入れてもらってご満悦の殿。
kago02.jpg上記リンクから見ていただくと道草庵さんの活動などがご覧いただけますが、一貫したものづくりのこだわりが素晴らしいのです。
うーむ、いろいろ教えていただきたい。

では背負いかごのご紹介をしましょう。
本体は竹の皮から作られた紐を編んで作られています。
そして、上部の開口部を閉じるための紐は芋麻(ちょま)から出来ているのだそうです。
竹の皮は丈夫だけれど柔軟性に欠けるので、柔軟な芋麻をそこに使うという細かい配慮。
留め具は竹の枝から作られています。
kago04.jpgペケ市ではお手伝いしているのかじゃましているのか分かりませんが、うちの店をほったらかしで道草庵さんのところに入り浸っていた殿。
いろいろな草から生み出される品々は何ともやさしい空間です。

どこに行くにも背負っているほどのお気に入りなのですが、大切に使ってゆくことにしましょう。
草の扱い方を習ってゆくゆくは蓑とか作れるといいなぁ。

kago05.jpg

がーちゃん用テントの製作 完成

がーちゃん用テントテント完成。
収納袋も作ってみた。
製作の記録
がーちゃん用テント その1
がーちゃん用テントの製作 その2
がーちゃん用テントの製作 その3 骨
がーちゃん用テントとりあえず、張ってみましょう。

まずは袋からテントとポールを取り出します。
がーちゃん用テントポールを5本つなげたものを2本作ります。
がーちゃん用テントがーちゃん用テント
で、テントのポールにテントから出ているループを掛けて完成。

がーも満足しているようです。
tent0801f.jpg

がーちゃん用テントの製作 その3 骨

がー用テントの骨テント本体はできたので、次は骨です。

ちょっとこだわって分解式に挑戦。
プラパイプ(外径5ミリ、内径3ミリ)とアルミ丸棒(φ5)で作ってみることにしました。
あらかじめ長いままのプラ棒で仮組みして寸法を出しました。その時の写真が・・・ない。あはは

がー用テントの骨プラパイプの内径は結構大雑把なのでドリルで何度かさらいました。
アルミの丸棒を30ミリに切り、片側をやすりで荒らして(抜け防止)から、エポキシ接着剤を使いプラパイプに15ミリ埋め込みます。
がー用テントの骨こんな感じで接続できるようになりました。

アルミの丸棒は中で曲りますが、曲がっちゃうぐらいじゃないとプラ棒が割れてしまうようでした。ステンレスで試しましたが、プラパイプが負けます。

で、骨も完成。
予備も用意しないとあまり強くなさそうです。。。

がーちゃん用テントの製作 その2

テントこの前は型紙まで
今回は縫製です。
テントの生地はきんままからいただきました。
なかなかいい感じ。

まずは入口の合わせ部分をつくり、縫い合わせてから開いている部分を仮縫いして残りの3枚と縫い合わせていきました。
縫い合わせるときにあらかじめ作っておいたゴム糸のループを縫いこんでいきます。これはテントの骨に結合する際に使うためです。
テント最後に底の部分をぐるっと縫い完成。
入口側の底は1センチぐらい立ち上がりをつけています。
布の部分は何とか形になりました。
ああ、あと、入口のところはマジックテープをつける予定ですが、ゴワゴワしちゃいそうな気もするので最後に考えることにしましょう。

とりあえず入ってみるが~。

がーちゃん用テント その1

がーちゃん用テントインフレータブルボートを作った時の最後に、殿がテントもご所望とのことだったので作ることにしました。

まずは形を決めます。
昔な感じの三角テント、ティピー型等どれも面白そうだとおもいますが、今回はドーム型に決定!
3Dで形状を決め書き出してから、ペパクラデザイナーに渡して展開図を作ります。
がーちゃん用テントまずは大きさや形を確かめるために、のりしろ付きでプリントアウト。
ハサミでチョキチョキ。
がーちゃん用テントぺたぺたと貼って試作1号ペーパーバージョン出来上がり。
なかなか。いい感じです。


がーちゃん用テントサイドががばっと開くタイプにしようと思っているのでシュミレーション。
布だともう少しうまくまとめることができるでしょう。
もうちょっとだけ高さがあった方が出入りしやすそうなので、そのあたりを変更してから今度はのりしろなしで出力し、型紙とします。
で、本日はここまで。

ボートに異常発生

がー用ボート梅雨の間は控えているがー用のインフレータブルボート
もうそろそろ出番だとチェックしたら。。。
ぐるりと回したロープを通しているループに亀裂が。
ループに使った板ゴムは天然素材だが、何らかの理由で劣化が進んでしまったようだ。
ひとつのみならず全周この状態。
これでは漂流してしまうかもしれないので直さないとなぁ。
まあ、早めに気がついてよかった。

転写マークの後処理

転写シールでがーマーク転写シールを使ってがーマークを貼ったヘルメットは先日の記事でお見せしましたが、その後のお話。

そのままでは、こすれ等に弱そうだったのでコーティングしないとなと。
まずは別のテストピースでクリアラッカーを刷毛塗りして様子をみました。
問題なかったのでこの前のヘルメットのマークのところに塗ってコーティング。

がー転写マーク

がーちゃんマークがーの持ち物にがーちゃんシールを貼ろうと思い、転写シールを作ってみました。
カッティングシートのものではサイズが限られてしまうもので、さらに小さな物でも貼ってしまおうという計画ですがー。
小さいものは幅6ミリくらい。

手順は原稿を印刷シートにインクジェットプリンターでプリントアウトし、印刷面を乾かしてから糊の付いたフィルムを印刷面に貼ります。
がーちゃんマークそして使う分を切り出します。
先ほど貼った糊の付いたフィルムをはがすと印刷した面に糊がついた状態になるので貼りたいところに乗せて裏から水を付けます。すると紙の部分がはがれて転写完成。

こすれには強くなさそうなのでクリアでコーティングと思っていますが、まずはテストピースで試してからヘルメットのマークにコーティングしようと思います。

コーティングのテストはさておき、まずは貼ってみたくなり、先日のスポーツヘルメットに貼ってみました。

がーちゃんマークがーちゃんマーク



ヘルメット ちょっと寄り道

ガッチャマン?ガッチャマン人気が高いようなのでちょっと寄り道していたずら。がはは
マント着せればよかった。。。


※シールド部はトナーを入れていないヘルメットを流用。
ブルーなのは離型剤を落としていないから。
カラーリングはカッティングシートでちょちょいと。

がーレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。