スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この後、田崎太郎工房長出演再放送

先日放映された、火の玉発動機・田崎太郎工房長出演の土曜マルシェの再放送が26時30分からはじまります。NHK総合です。
工房長の魅力たっぷりですよ。


スポンサーサイト

無敵防御スーツ

muteki01.jpg先日のひのたま地球防衛軍見学ツアーの際に気に入って購入した無敵防御スーツが届いた。これさえあればヒグマでも893でもどんとこいという太郎さんのお墨付き。

どーん!
muteki02.jpg
太郎さんからのお手紙も同封されていて、家鴨窯小躍り状態。
制作のテンションが上がっている模様。
デザインフェスタに向けて頑張る力が湧いてきています。
ありがとう無敵防御スーツ!ありがとう田崎太郎さん!

ひのたま地球防衛見学ツアー 後編


がーの頭上を飛行する大空中戦艦「雲龍」。
その迫力は空気を震わせます。

もう一機登場「蒼龍」。
各デッキをつなぐ梯子がカッコイイ。
hinotamakoten14.jpg
hinotamakoten12.jpgこちらセイウチ型潜水艦。
うむむ、いいなぁ。
デッキに載っているのはコブダイ。
コブダイ型潜水艦もあり。
hinotamakoten15.jpgこちらはヒノタマワークスの最高速チャレンジマシン。
多分ひのたま防衛軍の兵士なのだろう。
hinotamakoten16.jpg
hinotamakoten17.jpg装甲列車、後部デッキに配属されたがー。
しかし、後部主砲をぶっ放すと頭直撃なので注意するように!

そして住処も与えられ、うほうほのが~。
hinotamakoten18.jpg
どちらも本来はヒヨコ型ジャイロコプターが待機しています。

hinotamakoten19.jpgペンギン型ロケットはただいま燃料充填中。
燃料はヒドラジン・H2O2とがまの油。
hinotamakoten10.jpg最後は図々しくも工房長の肩にのり記念写真を撮るがー。

ありがとうございました!

【ひのたま地球防衛軍】展は3日(日曜)までで~す。

ひのたま地球防衛見学ツアー 前編

hinotamakoten01.jpghinotamakoten02.jpg
魂の陶芸作家、田崎太郎氏の個展「ひのたま地球防衛軍」に行ってきた。
ひのたま防衛軍の観閲式、いや今回のメインは空中戦艦なので観艦式見学というところ。
hinotamakoten03.jpg
hinotamakoten04.jpgまずはズズズイッと奥に進んでご本尊が鎮座ます祭壇へ。
あれ神社だっけ?さい銭箱もぜひ用意していただきたいところ。
阿吽のシーサーと五人の戦士に守られていたのはご本尊「火の玉発動機」。
拝んでおけば、陶技も上がること間違いなし。
hinotamakoten05.jpg
hinotamakoten06.jpg上:ペンギン博士のプレゼンテーションに聞き入るがー。
どう見ても黒板だ。ホントに土?

左:トップ画像に使っているがー周辺パーツは、実はこの作品のもの。
工房長の特別の計らいでセッティング。
hinotamakoten07.jpg工房長、ノリノリでセッティングしてくださる。
もう、殿も有頂天でシーサーに喰われる。<本来は蚊取シーサー(備品)

竜神様にも乗る。
がーはもう興奮の頂点。
この竜神様、素敵です。
hinotamakoten08.jpg
hinotamakoten09.jpg
戦象神はこちらの他に2体。


下:空中戦艦「雲竜」。全貌はしばし待たれよ。
hinotamakoten11.jpg
個展は今週末まで。
気になる方はぜひ足を運んでみて。

【ひのたま地球防衛軍】
ぎゃらりーなが屋門にて 
9/25~10/3 11時~18時(最終日は、16時まで)


大きな地図で見る

工房長の個展


催促して送ってもらった田崎太郎氏の個展のDMが来た。ふふふ。

【ひのたま地球防衛軍】
ぎゃらりーなが屋門にて 
9/25~10/3 11時~18時(最終日は、16時まで)

工房・火の玉発動機、工房長のブログ「土から生まれる」によると、今回の目玉は空中大戦艦が2隻とのこと。
メカオブジェや陶人形、全58作品の見ごたえたっぷりの個展のようだ。

行くぞ!
想像するだけでもわくわくする。


大きな地図で見る

土曜日はルーシー・リー展

ルーシー・リー展土曜日、前売り券を買ってあったルーシー・リー展を見に国立新美術館へ。
小さな器、薬味入れ、ボタンがツボ。
ピンクの発色が美しい器。
BBCのインタビュー映像上映。インタビューしているのはあのデビッド・アッテンボロー。
彼はルーシー・リーのコレクターなのだそうだ。
窯出しの姿がとってもキュートだ。
ルーシー・リー展

横浜日本丸パークでアートフリマ

今週の土曜日、横浜日本丸メモリアルパークのフリーマーケットに家鴨窯出店します。
このフリマはアート解放区という区画を作ってくださっていて、手作りものの販売が可能なのです。

写真は昨年の暮れに見に行った時のもの。
ドックゲートの橋を渡った先辺りがアート解放区となります。
下のマップの緑の矢印のあたりです。

お天気もよさそうなので横浜散歩にお出かけの際はぶらっと覗いてみてください。


大きな地図で見る

テーマ : ハンドメイドshop情報
ジャンル : 趣味・実用

殿はし置き

殿はし置き
殿はし置き早いものでデザインフェスタがもう明日。
前回好評だった殿はし置きも間に合いました。あはは
今回は貫入(かんにゅう:ひびが入る)が入る釉薬を使いました。
いつもながらサイズはまちまちです。

チョンマゲタイプ、ノーマルタイプがあります。

ブースなどの情報は陶芸アルバムでお知らせしています。

よろしくが~。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

火の玉発動機で魂が揺さぶられる

火の玉発動機
火の玉発動機二日益子に向かったのは「益子陶器市」が目的。
毎年春と秋に行われるこのイベント、知ってはいたが渋滞や人の波を考えると躊躇していた。
しかし今年はある方の作品をこの目で見たいという欲求が勝った。
その方の名は田崎太郎。工房・火の玉発動機の工房長だ。
半年ほど前偶然に出会った「土から生まれる」でとても気になった作家さんなのだ。きっかけは戦車とかロボとか画像検索していたのかと思う。メカものでニヤリ、さらにがー?と思ったが実はペンギンの愛らしい姿。
やはり実物を見ねばならぬという使命感にも似た衝動。あはは。
で、目の前に飛び込んできた走行列車。
火の玉発動機火の玉発動機
火の玉発動機ブースの中をのぞくとさらに作品。
どのくらいすごいかは装甲列車以外の写真がないことで想像してほしい。何でもとりあえずシャッターを押しているのにすっかり写真の事など忘れて作品を見つめていたわけだ。あはは。帰ってきてビックリだった。
これまでの何日かで新作はかなり売れてしまったということだったが、衝撃は十分。
実物を始めてみる訳なのでまあどれも自分にとっては新作だしね。イセッタとかフェレット神とかもっとよく見たかったと後から思う始末。個展とかにもお邪魔できたらと思う。ああ、案内送ってもらう名刺置いてくればよかった。うむむ。
で、今回連れて帰ってきたのは猫神、河伯神、ハダカデバネズミ神の三神。
工房長自ら三神に祈念していただいたので我が家にも福が持たされることと思う。
祈念のために名を告げるのだが、その時に「がーちゃん」でお願いしたら工房長の記憶の片隅に存在していただいていたようでビックリ。同じFC2なので訪問者リストに載っていて見てくださったことがあったようだ。むふふ。

工房 火の玉発動機

小春像

小春像陶芸アルバムの更新が滞っていますが、作品はいいペースで焼きあがっています。

今日はその中の一つ、小春像を玄関わきに設置したので、アルバム掲載前ですがご紹介します。
小春像土や釉薬については、後日アルバムで改めてご紹介しますが、今回は目がイキイキと表現できました。



小春像モデルさんも来たのでご一緒に。

何か見つけちゃってますが。あはは

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

がーレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。