スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊良湖岬灯台から帰路につく

フェリーを降りた後、道の駅伊良湖クリスタルポルトに寄りお土産を物色。
その後、大アサリを食べるために少し歩き伊良湖岬灯台へ。
小ぶりだが美しい。


天辺の風向計に漢字で東西南北。
irago002.jpg

何とか胃袋に隙間を作ることに成功。
大アサリゲット。やはりうまい。お土産にもゲット。
20数年前クルマ仲間と伊勢へ向かう途中、フェリーの待ち時間に喰った。あまりにうまくて帰りにも喰った。焼いてくれるおばちゃんに「あんたたち喰いすぎ」と言われたことを思い出した。そうだ、東名の由比PAから三原山の火山の噴火が見えたのはあのときだった。
irago003.jpgirago004.jpg
大アサリで満足した御一行。
渥美半島を東へと進み浜名湖へとむかう。
その前に「日出(ひい)の石門)」の看板。
沖の石門と陸の石門をまとめてそう呼ぶらしい。ちょっと見ていこう。
irago005.jpgirago006b.jpg
irago005b.jpg灯台から見たときは沖の石門が見えたが、ここからだと浸食された穴が見えない。降りるか…。
途中「椰子の実」の碑もあり。
階段を降りながら、ここまた登るんだよなぁと…。情けないなぁ。
下に降りたら陸の石門が目の前で迫力満点。チャートのうねりが力を感じさせる。その岩に穴をあける波の力。。。

さあ、また登って帰ろう。

irago006.jpg

渥美半島を抜けて、浜名湖へ。あれ?写真が一枚もなし。
で、浜松。やはりうなぎを喰わねば帰れまい。
浜松は事前に情報を取っていなかったのでうなぎ屋が見つからずうろうろ。
看板発見してなかなかいいお店に到着。看板は偉大だ。
渋滞に備えて、腹ごしらえ。
ちょぶ・かば焼き。halco・白焼き。
ウムウム、満足。
irago007.jpgirago007b.jpg
irago008.jpgあれだけ探していたうなぎ屋。喰い終わって満足していると次々に現れる。あはは。
御前崎まで走って浜岡砂丘が今はどうなっているのか見たかったが先の事を考えて、浜松インターから東名高速へ。

ほんの少し滞りはしたが大渋滞にはなっておらず、ほっとしながら用賀インターを出て自宅着18:13。
走行距離939.5キロ。プラス海上移動15キロ。

スポンサーサイト

伊豆行のまとめ

伊豆のまとめ城が崎をぶらぶらしていたら結構時間が早く過ぎてゆきました。

とりあえずまとめておきましょう。
城が崎遊覧船に乗って海からの眺めを満喫したあと、ぼら納屋でお昼を食べ満腹の腹ごなしで城ヶ崎海岸をぶらぶらと門脇埼灯台まで歩きました。そしてまた来た道を駐車場まで戻ります。門脇吊橋は2度渡りました。
熱川のバナナワニ園とかも寄ってみたかったのですが残念ながら閉館時間でした。あはは
伊豆のまとめ海岸線を河津まで走り、山の中へ。河津ループ橋を通り天城峠へ。
途中タマゴの自動販売機を見つけて買って帰りました。次の日の朝ごはんは卵かけごはんでした。
天城トンネルを抜けて道の駅「天城越え」でみかんソフトクリームを食べました。
もう6時を過ぎましたがまだ明るかったので浄蓮の滝により、駐車場では天城の猫に出会いました。

伊豆のまとめ下田街道を北上、修善寺を通り三島に抜けて沼津インターから東名高速に乗って帰りました。
写真は修善寺で新しいトンネルを抜けているときのナビ画面。
どこ走ってるんじゃいって感じ。位置的には正確ですが、道がありません。あはは
南伊豆、西伊豆を攻略したいなぁ。



門脇吊橋

門脇吊橋遊覧船から見えていた吊り橋、門脇吊橋です。
長さ48m、高さ23m、定員100人。
伊東市観光課の設置した看板には定員100人の後に「小錦関26名分」と書いてありました。あはは
門脇吊橋橋の上です。
門脇吊橋橋の下側です。
門脇吊橋橋から見た陸側の入り江は舟形と呼ばれていて、溶岩トンネルの天井部が崩落して出来上がったそうだ。




門脇埼灯台

門脇埼灯台遊覧船からも見えた門脇埼灯台。展望台になっているので登ってみることにします。
ちょっと不思議な形をしていますよね。
おにぎり型の展望台まで登って行けます。
門脇埼灯台展望は広がりますが、いまひとつ遠くがもやもや。
水蒸気が濃い感じです。あはは
門脇埼灯台この灯台の階段は登りと下りが別になっています。
二重螺旋構造ですね。
二重螺旋の構造物と聞くと行ってみたいところが前々からあるのでした。
それは会津のさざえ堂、そのうち行く機会があればと思っていますが~。
門脇埼灯台灯台から降りてその前にある海岸へ。

がーちゃん、何か見えますか?
門脇灯台さて、そろそろ戻りますか。



城ヶ崎海岸

城が崎腹いっぱいになりすぎたので、灯台まで歩いてゆくことにしました。
海岸線はがけっぷちなのでなぞることは難しいですが、ピクニック道があるので迷うことはありません。

先ほど乗った遊覧船が見えました。
城が崎岩場に生えていた草に魅了されるがー。
セダムの仲間でしょうか?
城が崎端まで行って覗きこんでみた。
階段状になっていて面白い。

まあ、階段といっても巨人の階段だけどね。
城が崎うぎゃぁ、助けてくれー。<うそ

結構怖い思いをして撮ったのに迫力がない・・・。
城が崎岩場の続く海岸線。
いろいろ名前が付いていてようでした。

城が崎遊覧船

城が崎6/20、伊豆の城が島へ出かけました。
実は家を出るときに見た渋滞情報で東名高速が渋滞しているのがわかってしまい・・・。
ま、時間がかかっても止まっているよりはいいだろうということで、第3京浜から小田原という超のんびりルート。
お昼に到着で、まずは城が崎遊覧船に乗ることにしました。
城が崎結構満員で出発。

やはり海から見ると味わいが違いますね。
門脇つり橋のあたりでスピードをいったん緩め景色を満喫。
城が崎つり橋の先の門脇埼灯台を後にして船はもう少し進みます。


城が崎大室山を一望できる地点までやってきましたが、あいにくの雲。

このあたりでUターン。
晴れ間も時折のぞくものの遠くまでは見通せない天気で、海側の景色もいま一つでした。
天気が良ければ大島とかも見えるだろうなぁ。
城が崎ほぼ30分の遊覧船旅も終了間近。
岸壁の上に建つ小屋が見えました。
未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選:富戸の魚見小屋とのこと。「ふとのいおみこや」と読むのだそうです。


動画を貼っても見れない場合があるようなのでりんくも
がー、城が崎遊覧船に乗る

犬吠埼灯台

犬吠埼灯台銚子の先の犬吠埼。
そこに立つ犬吠埼灯台に1年半ほど前にいってきました。あはは
なぜその時に記録を残していなかったのかわかりません。
まあ、そんなことはよくあるのですが。

レンガ造りの灯台で、国産レンガが使われているそうです。

犬吠埼灯台こちらの灯台も先日行った観音埼灯台と同じように登ることができる参観灯台です。

ということでもちろん登ります。
構造物の高さは31.3m、水面から光までは52.3m。
犬吠埼灯台レンズは見えませんでした。

初点燈は明治7年(1874年)11月15日。

第一等レンズという一番大きなレンズを持つ第一等灯台なのだそうです。
第一等灯台は全国で6か所。
犬吠埼灯台しかし、が~一行が灯台に登る日は強風というのが決まりなのでしょうか。
まあ、がーを握る手に力が入っていることでもわかっていただけるかも。
2枚目の写真で皆さん壁に張り付いていますが、この日はここに張り付くのが一番風が避けられるからなのだということが登ってみてわかりました。
犬吠埼灯台波荒い海岸まで降りて行ったところからみた犬吠埼灯台




【2007年9月18日撮影】


観音埼灯台

観音埼灯台4月26日、観音崎へ。
とりあえず、灯台へ。煙となんとかは高い所へ・・・ですので。あはは。

正面からは完全に逆光。
灯台に光背がついているようですね。

観音埼灯台明治己巳正月元日に初点燈したことを記した票。
西暦では1869年2月11日。
観音埼灯台は日本初の西洋式灯台だとのこと。

現在の建物は大正14年(1925年)に建造された3代目。

観音埼灯台200円の参観料を支払い、灯台の上に登ります。
灯台の心臓部。
写真には写っていませんが耐震装置の上にのっています。
あっ、階段の下には灯台見学中に地震にあった際の注意事項が書かれていました。

現在、回転はモーターによって行われています。
昔は灯台の中心の筒に錘をたらし、重力を回転力に変えていたそうです。もちろん、錘を巻き上げるのは人力です。
観音埼灯台
この日はかなりの強風。
吹っ飛んでいきそうな勢いですが、気持ちがいい。
東京湾が一望できます。

平均水面から灯火までの高さは56m。
目線の高さもほぼその位でしょう。

観音埼灯台螺旋好きにはたまらない階段。
いろいろな場所の灯台の写真が飾られていました。

地上面から灯台の頂部までの高さは19m。

観音埼灯台
ああ、楽しかった。
これからも海の安全をよろしくお願いします。

入り口側からパシャ。
右側には灯台資料展示室もあり、灯台の仕組みや歴史を知ることもできます。
管理されているのは燈光会
WEBページによると現在見学できる灯台は15か所。


竜ヶ崎灯台

竜ヶ崎灯台北陸の旅の続き

同行の猫旅社さんとここでしばし別行動。
猫旅社さんは漁港のあたりで猫写真。
我々は鴨が浦から見えた灯台に行ってみることにしました。
灯台のアップ
竜ヶ崎灯台緑のトンネルを登ります。
しかし、暑い日です。。。
雨という話はどこに行ったのでしょうという感じです。大歓迎ですが。
竜ヶ崎灯台あれ?灯台はどこ?
この展望台?に登れるかと思って回り込んだら行き止まり。
電波塔か何かでしょうか。
鍵のかかった柵の中なのではいれませんね。

で、灯台はどこ?
竜ヶ崎灯台どうやら登り口でまっすぐ登ってきたのが間違いで、左の道に進まなくてはならなかったようです。
また降りて登りなおし。
タイル張りの素敵な灯台でした。

1965年12月25日に初点灯だそうです。
竜ヶ崎(たつがさき)灯台。

地震の影響でしょうか、基部のコンクリートに亀裂がありました。
竜ヶ崎灯台先ほどの鴨が浦、海水プールを見ることができました。
ああ、これは電波塔の方から見たんだった。
灯台の方からは袖ヶ浜(こちらは砂浜)が望めました
がーレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。