スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーカバー

カエルちゃんキーカバー鍵にかぶせるカエルちゃんキーカバーです。
カエルちゃんキーカバー早速取り付けてみました。
ちょっと楽しい気分になります。
スポンサーサイト

春一番

春一番今日はとても暖かかった東京地方、風が強いなぁと思っていたら春一番だったようです。
お池でも亀さんの甲羅干しが見れました。
春一番この前のヒキガエルの卵は、皆オタマジャクシになっていました。

日本民家園

日本民家園先週の土曜日、川崎市立日本民家園に行ってきたが~。
緑豊かな生田緑地内にあり、20数軒の古民家が移築展示されているんだが~。

右の写真は原家住宅。明治に作られた2階建ての豪華な民家。
完成までに22年って。。。
日本民家園民家園では、「床上公開」という建物の中に上がれるおうちもあります。その時々によって公開しているおうちが変わるようです。
上の写真の原家にお邪魔してみました。
季節柄お雛様が飾られていました。
日本民家園こちらは、工藤家住宅、南部曲がり屋です。
うまやには、竹細工のお馬さんがいます。

天井も高く、部屋も広くし広々としたスペースなのですが、寒くはなかったのでしょうか、寒かったんですよね、きっと。
日本民家園越中五箇山「江向家住宅」前で。
合掌造りです。
民家園には4軒の合掌造りの民家がありました。
このおうちの中には、籠の渡しに使った籠や縄なども置いてありました。
日本民家園こちらは、山下家住宅。
1階はお蕎麦屋さんになっています。2階は展示室。
飛騨白川郷の合掌造りです。

日本民家園 -船越の舞台-

日本民家園 -船越の舞台-日本民家園の一番高いところにある「船越の舞台」だが~。
三重県の船越という漁村の神社にあったものだそうだが~。
日本民家園 -船越の舞台-下手にある花道ごしに見た舞台。
立派だが~。
日本民家園 -船越の舞台-奈落(舞台の下)には、建物の裏からも入れるようになっていて、見学が出来ます。
石積みで円形に組まれていて、回り舞台を回す仕組みになっています。
日本民家園 -船越の舞台-立派な鬼瓦。細工がとてもキレイです。
真ん中に「若」の文字。瓦にも「若」。これは若者組がこの舞台の建設・運営をしていたことの表れとのことです。
日本民家園 -船越の舞台-船越の舞台は長い階段の上にあるのですが、その階段の上からの眺め。
のどかですね。

天城いのしし村

天城いのしし村日曜日のことですが天気が良かったので、伊豆に出かけました。
いやあ、割と早く出かけたのに渋滞でした。。。
単に暖かな日曜なのでだと思っていましたが、理由はちゃんとありました。ははは

まず、目指したのは天城いのしし村です。
天城いのしし村いのししショーには、ぎりぎりで間に合いました。
とってもラッキー。
ついたとたんに始まりました。

天城いのしし村芸達者です。
タテガミとシッポが魅力的です。
来年の年賀状のためにちゃんと観察しましょう。

天城いのしし村記念撮影しておきましょう。
このポイントでは、餌のビスケットをあげることが出来ます。
時々キュルキュルという音を立てます。歯ぎしりでしょうか。
天城いのしし村いのししレースもありました。
軽快に走る姿も可愛いです。


天城いのしし村 2

天城いのしし村いのしし村の中にある「ぼあぼあ」
いのししの博物館です。
いのししのことをいろいろと教えてくれます。
天城いのしし村これが入場券。
三角形で折るといのししになるんだが~。
また、中にはいのししレースの抽選番号がランダムに印刷されているが~。

天城いのしし村とみままが食べていて、気になったわさびソフトクリーム。
わさびだったが~~、涙は出なかった。
いのししコロッケは、、、、定休日。がーん(T_T)


天城いのしし村そこで「猪最中」にしました。


天城いのしし村猪の形をしていて、面白いが~。

天城いのしし村 歓迎してくれた動物達

天城いのしし村いのしし村には、猪だけではなく他の動物もいます。
いのししレースの前に、コース案内をしてくれたミニブタ君。
足取りも軽くコースを回ります。
天城いのしし村がーちゃんからニンジンをもらうロバ君。
天城いのしし村羊君に乗せてもらい、ご満悦の殿。
とってもおとなしいくて良い子。

天城いのしし村チョットびびっている殿。
天城いのしし村やぎ君に猛烈アタックされるhalco。

角競り合いを始める奴らも。。。
こんな至近距離で見ると大迫力。頭同士がぶつかる「ゴツーン」って音が響きます。ははは。

旧天城トンネル

旧天城トンネルいのしし村を後にして、天城トンネルへ向かいます。
浄蓮の滝は、駐車場のあたりが大渋滞。涙を呑んでパスでした。
旧道に入り、旧天城トンネルに向かいます。
旧天城トンネル天城山随道は、明治34年(西暦1901年)に開通した切り石巻き工法で造られたトンネルです。
石造りのトンネルとしては日本で一番長いそうです。また道路トンネルとしては初めて国の重要文化財に指定されています。
写真は河津側に抜けてから振り返って撮った入り口。

旧天城トンネル同じトンネルでも、河津側と湯ヶ島側で違いがあるんだそうです。
入り口上部にかけられた扁額の題字を見てみると、こちら河津側では文字が掘り込まれています。
旧天城トンネル一方、湯ヶ島側は、文字が浮き彫りになっていました。
他にもいくつかあるようですね。おもしろい。

全長445.5M、中には小さな照明があります。
旧天城トンネルトンネルを後に、下っていくと滝がありました。
時間が良かったのか、滝にだけ光が入り、ちょっと幻想的でありました。
高さ20m、幅6mで2段に落ちていることから二階滝(2かいだる)というそうです。

ぐるぐるループ橋

ループ橋国道414号線に戻り、河津七滝ループ橋に向かいます。
昭和56年に開通した720度ループ橋です。
ラセン好きの我が家としては通らないわけには行きません。
ループ橋橋を回りながら、「♪ぐるぐるぐる、ぐるぐるぐる、ぐーるぐる♪」とアルゴリズム体操の歌を歌っていたおかしな夫婦は、私達です。(^^ゞ
体操だって行進だって出来ます。ははは
ループ橋ループ橋下から見上げた空。
ループ橋その先にあったお月様。

河津七滝

河津七滝ループ橋の後は、七滝へ。ここでは滝は「たる」と呼ばれます、「垂る」なのですね。なので「ななだる」。
河津七滝
まずは、大滝。
ここは温泉に入る(入浴料を払う)ともう少しそばにいけます(^^ゞ
七滝の中で一番大きな滝。30mの落差。
河津七滝出会い滝、二本の川が出合う滝。
大滝のすぐ上。
しかし、それぞれ一本道を降りて見学し元へと戻らなくてはならない。
滝ってさ、落差があるんだよね。。。その分登るんだよね。。。当たり前だけど。ははは

河津七滝初景滝、落差10m幅7m。
幅が一番広く、気持ちがいい。
大滝、出会い滝をパスして、ここまでならゆるい坂道です。途中にかに滝があります。
一瞬階段を見て躊躇。ははは、さらに奥を目指し上ります。
河津七滝へび滝にょろろ。高さ3m幅2m
七滝すべてに言えることだけど、川原の玄武岩の見せる表情が美しいが~。

河津七滝一番奥の釜滝。落差22m、幅2m
階段を上ってよかったよ。
写真が下手だぁ。
ここは滝もすごいけど、周りを囲むようにそそり立つ柱状節理の壁がいろいろな表情を見せてくれているが~。
今年は、滝か。。。
がーレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。