スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お年が~

あけましておめでとうあけましておめでとうございます。

今年が善き年となりますように。
あけましておめでとう今年もよろしくお願いしますが~
スポンサーサイト

寝こ正月

猫正月うちの猫たち、基本的には寝正月です。
猫正月でもいい天気なのでお外に。

大あくび中の小春。
猫正月ことよろにゃ~
猫正月大あくびの写真だけでは怒られるので。

おすまし中の小春。

初詣

初詣氏神様に初詣。
クロも一緒です。
初詣今年のクロはおとなしかったです。
破魔矢を分けていただいてきました。
それと池月の絵馬も。
初詣今年一年健やかに暮らせますように。

東京湾フェリー 前篇

東京湾フェリー1月4日
久里浜へ
東京湾フェリーで金谷に向かいます。
殿は牛に乗って乗り込むようです。
東京湾フェリー乗船時間になりました。
東京湾フェリー出港。
金谷に向けて約40分の船旅です。
東京湾フェリー釣り船がいっぱい。
太刀魚のようです。
雲が多め。
富士山を期待していたのですが、遠くを見通すことはできませんでした。
かろうじて大島。
東京湾フェリー夏にタコ釣りでお世話になったかみやさんの船がいました。
今年も行こうかな、タコ釣り。

東京湾フェリー 後篇

東京湾フェリー東京湾の出入り口を横断するので大きな船にも出会います。

材木満載。LEO FOREST
これについていけば、パドルさんのところで紹介されていたロータリーボートが活躍する姿が見れるのでしょうか。
東京湾フェリー自動車運搬船。FUJITRANS WORLD

トヨフジ海運のWEBによると1961台の積載が可能。
そんなに積めるんだと表を見ていたら、6000台も積める船もあるようで、見てみたいなぁ。
東京湾フェリー鋸山が見えてきました。
ロープウエイが見えますね。

写真は3枚つなげてみました。
東京湾フェリーそろそろ金谷港に到着です。
東京湾フェリー到着!
出発進行!

まずは腹ごしらえ

保田漁港・ばんや腹が減ったので、保田漁港にある漁協直営「ばんや」に寄ってみた。
13時を過ぎていたので大丈夫かと思っていたのが甘かった。
結構な人出。
でもせっかくなので待ちました。<たいして待たなかったけどね。
保田漁港・ばんやで、どどーんといかのかき揚げ丼。
直径15センチ程のかき揚げが4枚位乗っています。
うまいんだけどちょっと玉ねぎ多すぎ。
玉ねぎもうまいのでいいのだが、イカのかき揚げの感じが薄い。
ボリューム感減ってもイカの量そのままで玉ねぎ半分にしてもらった方がうれしいぞ。
その向こう側にあるハンバーグのようなものは南房総の漁師料理、さんが焼き。
なめろうを焼いたものだそうで、美味い。
保田漁港・ばんやこちら定食。
おさしみ、アジフライ、煮付けと盛りだくさん。
お店側もボリューム満点を売りにしているだけに、お土産用のお弁当パックを10円にて販売している。あはは
で、アジフライとさんが焼はお持ち帰りに。

さあ、腹もいっぱいになったし腹ごなしに行くが~!


【1月4日撮】

日本寺

のこぎり山目指すは鋸山。
登るのにはいくつかの方法があります。
ロープウエイ、有料自動車道、無料自動車道から歩き、下から歩き。
で、有料自動車道でと思って入り口に向かいました。
入口のおじさん、4時でゲートを閉めるからと何度も言います。まだ2時半なので大丈夫だろうと思うのですが「やめた方がいいってこと?」と聞いたら「そうだ」と答えました。あはは。やる気なさすぎ。
そこまで言われたら引き返します。
ロープウエイか無料駐車場から歩くか・・・。富士が期待できないのでとりあえず無料駐車場へ向かうことにしました。
のこぎり山で、駐車場に車を止めて日本寺
ここにはでかい大仏さまが(ああ、でかいから大仏なんだよな)。
薬壷を手にした薬師瑠璃光如来。
31.05mで日本一だとのこと。
のこぎり山725年創建と古いお寺ですが、いろいろあったようで古い建物はありません。

さて、階段を見てちょっと気が重くなりましたが頂上を目指すことにしました。
のこぎり山3分の2くらい登ったあたりでしょうか。
二天門という場所。

息も絶え絶えという有様で、日頃の運動不足を改めて感じます。
のこぎり山halcoと牛に乗ったがーは涼しい顔で登っています。。。
ま、富士に登ったコンビだからなぁ。

鋸山 地獄のぞき

のこぎり山やっと着いた展望台。
とっても長く感じましたが、タイムスタンプをみると大仏から20分ほどでした。あはは

久里浜方面の眺望。
フェリーが見えます。

ああ、富士山が見える日に来たいなぁ。
のこぎり山木更津方面。
大地の感じが面白い。
のこぎり山こちら地獄のぞき。

先端に立ち、いろいろ怖いことを考えるとぞくぞくして楽しい。あはは
もちろん覗き込むとなかなかの迫力なのだ。
のこぎり山halcoにケツをおさえてもらって覗きこむが~。

岩が顔に見えるなぁ。
のこぎり山覗き込んだところ。
垂直に切り立っていて迫力満点。

百尺観音

のこぎり山・百尺観音地獄を覗いたあとはちょっと階段を下って百尺観音を見に行くことにしました。
深い切通しの向こうに地獄のぞきが見えます。
このあたりの雰囲気、とてもいいです。
のこぎり山・百尺観音切通しを抜けるとそこに百尺観音。
結構な迫力です。
昭和41年完成とのこと。
のこぎり山・百尺観音先ほどの地獄のぞきから見えたのはこのあたりの広場でした。
下から見ると細く飛び出していますね。
まずはこっちから見てから登るとぞくぞく感も増すかもしれません。
のこぎり山・百尺観音さてそろそろ下ることにします。
山頂側の出入り口付近の水仙。

鋸南は水仙が名産なのだそうです。
のこぎり山・百尺観音下りは楽ですが、足首がかなり硬くなっているのが実感できました。
何とかしないといけません。
しかし長い階段です。

さて帰りますか

のこぎり山下りは余裕があったので、横道にそれたりして
のこぎり山石仏群を拝見したりしました。
が、、、また少し登るはめになったりして。。。

あはは
のこぎり山でも、こんなものも発見しました。(@_@)
のこぎり山最後に佐久間ダムのあたりで水仙のライトアップが行われているという情報を得ていたのでそちらを回ってから帰ることにしました。

向かう道の両側、水仙で埋め尽くされています。
をくずれと言うあたりで水仙が売っていたのでお土産に。

で、佐久間ダムについたら真っ暗。。。
周りを見回しても真っ暗。。。

先ほど鋸南町のWEBページを確認したら・・・「ライトアップは現在中止しています」とのこと。
のこぎり山帰路はアクアラインを通って海ほたるに寄り帰ってきました。


ライトアップはしていませんでしたが、鋸南の水仙は見ごたえがありました。
お土産に買った水仙の良い香りが車内を満たした帰路でしたが~。


【2009年1月4日撮影】
がーレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。