スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワーを階段で登るのだ

東京タワー今日は天気が良かったので東京タワーに行ってきました。
目的は展望台まで階段で登ること。
風が強いかなぁと思いつつ、まずはタワーの下の建物の屋上へと上ります。
ああ、その前に一階でチケットを購入しておきましょう。
階段でも料金はかかるのです。あはは
チケット購入にはかなり並んでいますが、我々は地下駐車場に入れた時に買ってあるのですいすいです。
東京タワーエレベーターもチケット売り場同様結構長い列ができていました。
屋上に上がって昇り口に向かいます。
エレベーターとは違ってすぐに登り始められます。あはは
でもけっこう登っていく方がいらっしゃいます。

150mの高さの展望台までは600段だとのこと。
さあ、我々も出発ですが~。
東京タワー金網越しですが景色も満喫できます。

風が強いかと思いましたが、ほとんど感じません。
マイペースで登ります。
東京タワーあと100段。

展望台に近くなるとちょっと暗くなる(影に入る)のでもう少しだということがわかります。
区切りのいいところで階段にも段数表示が出ているので予想はつきますが。
東京タワーで、展望台到着。
思っていたより、全然楽でした。あはは
ゆっくりとしたペースで約20分。

「昇り階段認定証」をいただきましたが~。
スポンサーサイト

東京タワーから望む


東京タワーから望む富士山。
工事中のビルは中目黒か。

逆光ぎみで写真が汚いなぁ。。。
東京タワーから望む筑波山。

富士山まで約100キロ
筑波山まで約70キロ
東京タワーから望むロボ発見。
今日は何もなし。あはは

手前は羽田空港。
この前見に行ったD滑走路のあたり。
東京タワーから望む横浜のランドマークタワー。
東京タワーから望む東京湾を眺めるのは楽しい。

高いビルが増えてきているので気持ちよく眺めるには、奮発して特別展望台まで登る方が良いと思います。

東京タワーの床の窓

東京タワーの床の窓展望台の床には下を覗ける窓が開いています。

かなりに人気スポットです。
2002年のリニューアルでこのサイズに。

この窓の上で下を見ながらジャンプがお勧めです。はい
東京タワーの床の窓こちらは別の場所にあいている旧タイプのサイズの窓。
鉄格子も入っているのでかなりの安心感があり、ジャンプはお勧めしません。あはは
東京タワーの床の窓下に降りてから上の写真の中央に写っていたモビルスーツに乗ってきましたがー。
右側を中心にしてぐるりと廻る動きをしながら、東京タワーを守っているようです。
東京タワーの床の窓下から見た床の窓。

降りも階段で

東京タワーの階段展望台からの眺めを満喫。

下りエレベーターも列を作っていますので、階段を降りることにします。
東京タワーの階段あのメンテナンス用の渡り廊下を一周回れるアトラクションを作れば人気絶大だと思うんですけど。
安全対策は吊り下げレール式のフルハーネス。
タワーさん、いかがでしょう。
新東京タワー対策にぜひご検討を。

丸いのが新しい照明のようです。
東京タワーの階段屋上に到着。

下りは6分でした。
東京タワーの階段ああ、楽しかった。

節分

豆まき豆まきしますがー。

第十一あかつき[ロータリーボート]

ロータリーボート東京タワーの後はパドルさんの記事(リンクをdoblogから変更)で気になっていたロータリーボート、第十一あかつきを見に行くことにしました。
ロータリーボートいたいた。
こちらがロータリーボート、第11あかつき君です。
ロータリーボート船首につけられたギザギザは、木材を押すためにつけられています。
駆動装置はキャビンの下あたりで、推進用のプロペラは360度向きを変えることができるそうです。
そのあたりは水面下なので見ることはできません。
ロータリーボートパドルさんによるとほとんど動いていないとのこと。
働いている姿も見たいですねぇ。
ロータリーボートぐるりと一周。
ほとんどストーカー状態ですね。(^^ゞ

製造元の呉ダイヤ・ロータリーボートのWEBページ

若洲から富士山


若洲から富士山あかつきを見たあと夕飯にはまだちょっと早いので豊洲へ。
ららぽーと豊洲に行ったことがないので覗いてみようと思ったのですが、、、
駐車場に列ができていたのでパス。

ああそうだ!若洲に行ってみよう。<リンクはグーグルマップです。

夕日はぎりぎり沈んだところに到着。
しかしなかなかの絶景です。
若洲から富士山富士山をアップで。
こちらに来て正解でした。

とっても寒いですけどね。
若洲から富士山海釣り施設の堤防の端までてくてく歩いて行ってみました。
これが結構長い。あはは
しかも寒い暗い。
しかし初志貫徹。

灯台の向こうに見える柱は中央防波堤から若洲にかかる東京港臨海大橋(仮称)のもの。
東京港臨海道路について
若洲から富士山東京タワーも見えます。
しかし、いまだにオーソドックスな照明の時しか見られませんなぁ。
若洲から富士山きれいな景色に見とれていたら、身体が冷え切ってしまいました。
さっさと帰りましょう。
冷え切った身体にはとっても駐車場が遠く感じました。(堤防の先から1キロくらいだったようです)
風と共に波も荒くなり、防波堤に当たる波が砕けしぶきが飛んでいます。
帰ってきてみたらレンズが塩で真っ白。

しかし、いい場所だったが~。
公園内にキャンプ場もあるのですが、この寒い時にテントを設営している方がいました。
寒そうですが楽しそうでした。

森下「みの家」

みのや若洲で冷え切った身体を温めようと向かったのは森下。
けとばしでも食べて元気になろうと。
久しぶりの「みの家」。
桜の花になべと書いたトレードマークのネオンが迎えてくれます。
暖簾をくぐり下足番のおじさんに靴を預け下足札をいただいて上がります。
案内されたのは2階。一階の方が好きなんだけどなぁ。でも2階の方が暖かいかもね。
みのや
こちら、メインメニューのさくらなべ2人前。
馬肉を使ったすき焼きと思っていただければ。

写真撮っている場合ではないな、早くみそを溶かねば~。
ねぎ、白滝、お麩が付属。それらを入れた写真
焼き豆腐、えのきなどはオプション。
みのやそして、馬刺し。
あっさりしていておいしいんですよ。
みのやごちそうさまでした。

ステンレスが張られた長ーいテーブルに備え付けのコンロが等間隔で並んでいます。
混んでいると窮屈な感じもしますが、それがまた味だったりします。

みのやこれが下足札。
右にあるのはお勘定が済んだら渡される札。
二つ揃えて玄関に持って行くと靴が出てくる仕組み。

あーウマかったが~。

それほど遠いわけではないんですが、あの辺りはなかなか行かないんですよね。
ま、たまに食うからいいのかもね。
がーレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。