スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光・けっこう・がーちゃん観光

日光東照宮3月15日、日光へGO!

まずは東照宮へと向かいました。
今回もまた下調べをあまりせずに出かけたので、帰って来て書き始める前に「ああ、あれ見逃した」とか「あれが撮れてない」とか見つけてがっくりするわけです。あはは
そんな感じで気分が落ちアップがどんどん遅れるという悪循環。
何とか気持ちを切り替えていきましょう。ハイ。
日光東照宮参道をずずーいと進み、東照宮の表門をくぐると正面に三神庫。道は直角に曲がり左に神厩舎。
暖かい時期にはお馬さんがいるのでしょうか?
左右非対称の作りなんですね。豪華けんらんな東照宮にあってはとても地味な装いです。

日光東照宮その神厩舎の長押の上にあるのが有名な三猿。
他に七面、全部で八面の猿の彫刻があり、人の一生を風刺しているのだと言います。
それぞれに解説が付いていますが、一枚一枚自分で勝手に解釈するのもまたおもしろいと思いますがー。

ちなみにがー殿はがー猿にお召かえしました。

日光東照宮道はまた直角に曲がるのですが、突き当りには御水舎(おみずや)があります。
柱が花崗岩でできているのは珍しいのでは?
さすが東照宮、手水舎も豪華なんです。
水盤は鍋島勝茂侯奉納。

日光東照宮御水舎の彫刻、翼のある龍。
右の方が迫力のある顔をしているのだが、全体の形が分かるのはこっち。
大きな翼を持つ姿はあまりほかでは見られないのでは。

日光東照宮 陽明門」へ続く。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

竜に羽としっぽ!
うろこもあるし!おもしろい。
始祖鳥?

ナカムラミナコさん、こんばんは
そう、始祖鳥ってこんな感じでしたね。

もう20年以上前に、東照宮に行って三猿も見た憶えがあります。
もっとも、あれが神厩舎だなんて、当時は全く意識してませんでしたが。(^^ゞ
後ろに短く手前に長い屋根は、社殿ではよく見かける様式ですが、
神厩舎(神馬舎)としては相当凝った立派なつくりですね。

京都の上賀茂神社では、休日や祭礼の日には葦毛の馬が神馬舎に入ります。
脇ではにんじんを売っていて、買って与えることができるシステム(笑)。
「しんめちゃん」というニックネームまでもらって、大変な人気者です。

京都の鳥見人さん、こんばんは
あっ、左右じゃなく前後だったんですね。
扉がある側が正面なんてことをすっかり忘れていました。(^^ゞ
しんめちゃんにも会ってみたいが~
がーレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。