スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪徳寺 [東京・世田谷]

豪徳寺と招き猫松陰神社を後にして向かったのは、豪徳寺。約一キロほどの距離です。
豪徳寺は彦根藩主井伊家の墓地があります。井伊直弼のお墓もここに。
ああ、安政の大獄を巡る旅をしているわけではありませんがこんな近くなのはなにか因縁めいていますね。

招き猫の発祥の地とも言われています。
豪徳寺と招き猫彦根藩第2代藩主井伊直孝が門前で手招きする猫に招かれ、和尚の説話を聞くこととなったが先ほど立っていた場所には雷が落ちていたというお話。
その招き猫を眷族として観音様がこのお堂に祀られています。(本堂は別にあります)
左側に奉納された招き猫たちがいっぱいいます。
豪徳寺と招き猫こちらが奉納された招き猫たち。
以前お邪魔した時よりもきれいに整理されているような感じです。
いや、以前がきれいじゃなかったわけではなく、招き猫以外の猫の像などもいろいろあったような気がします。
[古いlogをインポートしたらリンクすることにしましょう]

豪徳寺と招き猫豪徳寺と招き猫こちらも以前来た時にはなかった3重の塔。
2006年5月14日に落慶法要が行われたそうだ。
建てられてからまだ3年の新しい三重塔。


ぐるりと4面に3体ずつ12体の干支の動物がいました。
ネズミのところには一緒に招き猫。

もう一段上には、観音様と招き猫、その横にもにゃんこ達。
豪徳寺と招き猫豪徳寺と招き猫

【2009年5月4日撮影 】

そういえば京極作品、榎木津礼二郎が主役の百器徒然袋-風-の中に収められている「五徳猫」にここの招き猫が登場していた。うちでは榎木津は完璧に阿部ちゃんのイメージに塗り固められているのだ。あはは
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

招き猫ってそんな由来だったんですね。
商売繁盛・・・というより人を助けたんだ~。
一番右下の写真、本物の猫さんかと思いました・・・。

Re: タイトルなし

ミナコさん、こんにちは
彦根のひこにゃんというキャラはこの招き猫なんだそうです。
塔にいるにゃんこは楽しいですよね。

お寺に猫ってのは、なんだか珍しい感じですね!
なるほどなるほど、にゃんこはやっぱり
いいやつなんだにゃi-101

こんど、行ってみよう!

Re: タイトルなし

kamezoさん、こんばんは
にゃんこは福を呼んでくれるみたいですよ。

今度行ってみよう

今度パピーを連れて遊びに行ってみます。
招き猫の中に紛れ込ませますw

Re: 今度行ってみよう

ぱぴぃくん、こんにちは
あっ、とってもいいかも。
ぜひ赤い首輪かマフラーをしていってください。
がーレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事なのだ
最近のコメント
ブログ内検索だがー
ジャンル・カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
プロフィールだがー

がーちゃん

Author:がーちゃん
焦点が定まらないブログですが~、お気楽極楽に。
がっがっが、が~。

Facebookページだが~
作陶!家鴨窯のFacebookページをはじめたのだが~。
リンクなのだ
バナーでリンク
気になったら行ってみて~
三線式Oゲージ・トイトレイン専門店はぐるまや模型店
日暮里繊維街・斎藤商店
booklog
タグを貼ってみる

 千春 クロ 名古屋旅2010 閘門 陶芸 公園遊具 タコ公園 べつやくれい スカイツリー 臨海大橋 クレーン船 デザインフェスタ がーちゃん ロータリーボート 江東ドボクマッピング 織る ボート乗り場 がー店長 あひる 

ガーウンター
RSSフィード
が~にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。